スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、新しい年へ羽ばたくぞ~・・?

Zoorasia-pengin-1

今年も今日で終わりだ~

一年を振り返って・・・充実した一年だったんだろうか?

何かやり残したものもあるような気が・・・

しかし、2009年は今日で終わるのである。

明日からは2010年。新しい年が始まる。


反省すべきところは素直に反省し、新たな気持を持って進むしかないのである。

理不尽なことが多い世の中、常に前向きに進んで行こう。


「神様は乗り越えられる試練しか与えない」

・・・なんか聞いたことがある言葉だけど・・・


・・・ところで羽ばたいてるペンギンくん、まさか空に向かって飛ぼうとしてる??
もしかして、ヤレばデキる・・って

まあ、出来るか出来ないか、やってみようじゃないですか。

ことし一年お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

生きた化石

Zoorasia-okapi-1

世界三大珍獣のひとつに数えられる動物・・・オカピです。

では、世界三大珍獣の残り二つは、

ジャイアントパンダとコビトカバということです。

昔からその姿や生態を変えずに生きてきた生きた化石でもあるそうです。


オカピは一見みると足の部分が縞模様になっていて

シマウマのような馬の仲間と思われがちですが

キリンの仲間なんですね。

オカピの生息地は中央アフリカです。

世界でも10,000頭ぐらいしか生き残っていないため

準絶滅危惧種として登録されています。

現地では野生生物保護区において、保護を受けてなんとかその種をつないでいます。


そんなオカピは横浜ズーラシア動物園と上野動物園で出会うことができます。

ズーラシア動物園では繁殖に成功して、今では親子三代目も誕生しています。

自然環境を壊さず、いろんな動物たちと共存していける世界にしたいものですね。




テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

寒い寒い・・・

Zoorasia-saru-1
※横浜ズーラシア動物園のニホンザルたちです。


冬の寒さは・・こたえるな~

そんなときは・・みんな集まって温まろう♪

やっぱり考えることは人間もお猿さんもいっしょなんだな~(笑)

みんなでジ~っと我慢して冬の寒さに耐えているのでした。




テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

笑う門には福来る

Zoorasia-fukurou-1

横浜ズーラシア動物園にいるシロフクロウです。

ハリー・ポッターシリーズでに出てきますね。

主人公ハリーが飼うフクロウのヘドウィグが、このシロフクロウです。

北極海に浮かぶ島々や大陸部の海沿いのツンドラ地帯や

草原、湿地、岩場などの開けた場所に生息します。

シロフクロウはフクロウ類の中では例外的に日中でも活動するそうです。

これは、北極圏の夏は夜がない白夜のためであるからだといわれています。

目を閉じた時の表情は、笑っているように見えます。

見ているとホントに福がやってきそうですね。


テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

翡翠 2

Shikimori-KAWASEMI2009-2

「かわせみ」は、小さな鳥です。スズメぐらいでしょうか。

この公園に住み着いた「かわせみ」は池の中の2ヶ所ある、とまり木にとまります。

ちょっと遠いので撮影の際は望遠レンズが必須になります。

しかし・・なかなか難しい・・。

何度か挑戦しないと良いショットは難しいです。


「かわせみ」が住み着く環境っていうことは自然が豊かだということですね。

大切にしていきたい公園です。




テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

翡翠

Shikimori-kawasemi2009-1

漢字で書くと、なんかとっても難しい・・・鳥。

翡翠「カワセミ」です。

翡翠・・この漢字は「ヒスイ」と入力してかな漢字変換をすると変換します。

ということはカワセミ、ヒスイのどちらでも読めるんですね。

宝石のヒスイはこの鳥の羽の色に由来して名付けられたそうです。

ホントに綺麗な鳥です。

近くの公園に巣があって、この水辺にやってきては小魚を捕まえている姿を見ることができます。



テーマ : 野鳥の写真 - ジャンル : 写真

晩秋

Sankeien2009-aki-1

今年は例年より秋が長く感じられました。

紅葉もちょっと長く楽しめたような気がしました。

地球温暖化の影響もあるのでしょうか・・・

ここは横浜にある三渓園。(2009年12月6日撮影)



Sankeien2009-aki-2

12月に入ってもまだ紅葉が見られました。

今年も後10日を切りました。

1年は速いな~と実感。


Sankeien2009-aki-3

また来年も素晴らしい秋の彩りとめぐり会えますように。


テーマ : 秋の彩り - ジャンル : 写真

黄昏の秋

rikugien-1

日も西に傾き始め穏やかな1日も終焉にちかくなってきた。

公園を散歩する人たちの影が長く伸びる。



rikugien-2

ここは六義園(りくぎえん)

徳川5代将軍(綱吉)から賜った土地を、使用人(柳沢吉保)という人が7年の歳月を

費やして完成させた回遊式築山[かいゆうしきつきやま]泉水庭園というらしい。

都内でも紅葉の有名なスポットのひとつ。

ライトアップもするそうです。




光と影の秋色

Kyu-Furukawatei-7

秋の日差しが かもし出すコントラストの世界。

白と黒の世界で表現するのは難しい。

頭の中でいろんな色を塗ってみるのも面白い・・・かも・・・



テーマ : モノクロ - ジャンル : 写真

秋色いろいろ

Kyu-Furukawatei-6

秋の彩りもいろんな色があって美しい。



Kyu-Furukawatei-8

日本庭園の池に写る風景。




テーマ : 四季 −秋− - ジャンル : 写真

秋色グラデーション

Kyu-Furukawatei-3

秋ならではの赤いグラデーション。

旧古河庭園内の日本庭園入り口の紅葉です。


Kyu-Furukawatei-5

色鮮やかな紅葉が印象的。

しばし見とれてしまいました。






テーマ : 秋の彩り - ジャンル : 写真

バラとヨウカン

Kyu-Furukawatei-1

ヨウカンは食べる羊羹ではなく洋館の方です(笑)


11月に東京都北区にある旧古河庭園に行ってきました。

古河財閥3代目当主の虎之助という人によって洋館と庭園が造られ現在の形となったそうです。

この洋館と洋風庭園(バラ園)は明治から大正期にかけて多くの洋風建築を手掛けたジョサイア・コンドル

という建築家により設計される。

この奥に日本庭園があります。

この日本庭園は近代日本庭園の先駆者として数多くの庭園を手掛けた小川治兵衛(植治)

の作庭ということです。

Kyu-Furukawatei-2

とてもモダンな洋館です。


Kyu-furukawatei-4






テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

秋色想像

aki-momiji-mono-1

秋の彩り・・・・・

どんな色なんだろう・・・・・

普通に目にする彩り、ちょっと自分の色を想像するのも面白い。





テーマ : 秋の彩り - ジャンル : 写真

幸せの黄色いトンネル

Ityou-namiki-1

ちょっと、海モードから秋の彩りモードへ・・・

今年の外苑のイチョウ並木。

毎年、すごい人々が秋の黄色い彩りを求めて賑わいます。

そんな中・・ちょっとメインからサイドへカメラを向けたたら、

可愛い天使たちを発見♪

とても癒される光景に出会いました。




テーマ : 秋の彩り - ジャンル : 写真

My favorite blue

Eriyadu-blue-4

僕の好きな青。

パウダーブルーサージョンフィッシュ。

インド洋に分布するきれいな魚です。

モルジブではよく見られる魚ですが、このブルーとイエローが海に映えてとても奇麗です。

普段は単独もしくは数匹で行動していますが、ある時間帯に大きな群れを作って食事をします。

そのときは何故かシマハギたちもいっしょに群れています。




テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

海の金魚たち

Eriyadu-kingyo-1:1
<<ポラロイドカメラ風に1:1にトリミング>>



モルディブ/ヘレンゲリ・リゾート

久々にボートダイビングでハウスリーフ以外の海へ行きました。

ここはキンギョハナダイが根の上のほうにたくさん群れていて奇麗♪


Eriyadu-kingyo-3:2
<<こちらは他社カメラ風に3:2にトリミング>>



Eriyadu-kingyo-3
<< OLYMPUS フォーサーズ サイズ>>


フレーミングで写真の雰囲気が変わって面白い。







テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

「ちょっと待って~」

Eriyadu-wasuremono

ダイビングが終わりイグジット中・・。

上半身が先に行ってしまった~

足が置いていかれた~

「ちょっと~私を置いていかないで~」

屈折率の違いで面白写真が撮れました。(笑)




テーマ : 海のある風景 - ジャンル : 写真

流魚群・・・!?

Eriyadu-kinmemodoki

☆星が流星群なら・・・魚は流魚群!?・・・かな

ここはモルディブ/エリヤドゥ・リゾートのハウスリーフ。

キンメモドキの大群に遭遇しました。

キンメモドキは穴の中とか、暗い場所で群れている場合が多いのですが

砂地が多い海では、点在する根を覆うように群れている場合もあります。

小さな魚で5cm前後くらいでしょうか、半透明で奇麗な魚です。



テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

ちょっとDeepな感じ

Helengeri-umi8

ちょっとカメラの光の量を換えるだけで海の中の雰囲気が変わります。

写真って面白いな~。

海のブルーがちょっと深いところのブルーになった。

写真は奥が深いな~・・・。

水深はほぼ一つ前の写真の水深と同じなんですけどね。




テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。