スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな命

Nishiizu-ita-kumanomi-baby

水深7~8mぐらいだったかな・・・

岩と岩の間のちいさなイソギンチャクの中に手の小指の爪半分ぐらいの

ちっちゃなクマノミの赤ちゃんが一生懸命泳いでいた。

(見えますか~ )

周りを見渡したけど・・・親らしい個体は見つからなかった。


南の海から黒潮に乗ってやってきたんだろうか・・・

この時期、黒潮に乗って南方系の魚たちが北上して来ます。

そんな魚たちを「死滅回遊魚」というちょっとせつない呼び方ですけど
こう呼びます。

水温の上昇とともにやってきて、やがて水温が低下して死んでしまう。
ちょっと悲しいですね。

最近は「季節来遊魚」といって少しでも語感をよくするためにこう呼ばれるようです。

どちらにしても結果は同じ。


でも、最近は環境に適合して越冬する魚たちもいるようです。

この小さなクマノミの赤ちゃんもなんとか生き延びてくれたらいいな。





スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

「魚群勢泳」2

Nishiizi-ita-suzumedai-1

次から次へと目の前を泳いで行くスズメダイの群れ。

若干、透明度が落ちつつも8m~10mはある。

これだけの群れに遭遇できるならまだワイドレンズが楽しい。

・・・といってもまだマクロレンズを手に入れてないんだけど・・。

なかなか先立つものが・・。

Nishiizu-ita-suzumedai-2

今年は、あと何回この海に潜れるかな。






テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

「魚群勢泳」・・?

Nishiizu-ita-nennbutudai

今年の西伊豆の海は、とにかく魚の群れがすごい。

ネンブツダイの群れも半端じゃない。

水深も3mから12mぐらいでしょうか。

流れに勢いがあります。

気がつくと自分が群れの中心にいたりする事も・・。




「魚群勢泳(ぎょぐんせいえい)」・・・・魚の群れが勢い良く泳ぐ様子。
※なんちゃって四字熟語(自分で勝手に作っちゃいました)






テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

流れに負けないで

Herengeri-nagarenimakenaide

モルディブ/ヘレンゲリ・リゾートのハウスリーフ。

ここは時間によって潮の流れがけっこう、でてきます。

そんな流れに負けずに一生懸命泳いでいるインド洋固有種の

モルディブアネモネフィッシュのファミリー。





テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

Crowd of blue fish

Nishiizu-ita-bluefish

ソラスズメダイたちの乱舞

ここは、いつ来ても青い魚たちにとりかこまれる。

光の射し方でキラキラしたり青色がいろんなグラデーションを見せてくれる。

ホッとするひととき。



テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

オレンジ色のさかな

Nishiizu-ita-OrangeFishe


穏やかな海

ふりそそぐ太陽の光

オレンジ色のさかなが無心に泳いでいた







テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

小さな訪問者

Nishiizu-ikanokodomotati

エントリーしてすぐのところに小さなイカの子供たち発見。

5cmぐらいでしょうか・・・

色をころころ変えながら近づいてきました。

目の前を一生懸命泳いで行きました。




テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

妖しいトゲトゲ

Nishiizu-gangaze

これはガンガゼというウニの仲間です。

特徴はトゲが非常に長いんです。

普通は、長いトゲが黒いのが普通ですが、これは白いタイプで変わっていました。

ガンガゼのトゲには毒があり、このトゲは細くて表面には根元に向いたささくれ状の
小さなトゲを持っているので刺さったら抜けにくいので注意。

もし刺さってしまったら・・・・

もう抜くのは難しい。

なので、刺さったトゲを叩いて砕いて身体のなかで溶かす方法があります。
(経験者は語る・・・昔、ボクが体験しました)
メチャメチャ痛かった(汗)

みなさん、海の中は奇麗ですが

危険なモノもたくさんあります。

気をつけて楽しみましょう。





テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

幻想的な海

Nishiizu-gensoutekinaumi

水深15m・・・自然光の世界

実は・・・
ハウジング中のカメラのストロボを「ON」にするのを忘れてしまった(汗)
だから自然光でしか撮れなかったのです(笑)

だから、ちょっと幻想的な海の写真になってしまったのだ・・。

まあ、それはそれで海の中を自然な光で楽しみましょう♪







テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

青い魚たちに誘われて

Nishiizu-aoisakananisasowarete

ソラスズメダイのブルーに誘われて・・・

青い海の中へ

太陽の光も海へと注ぎ込む

今日も良い海に出会えた

感謝。









テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

海の中の紅葉

海の中の紅葉

夏も終わり海に静けさが戻ってきたような気がします。

そんな西伊豆/井田の海の中にウミトサカの美しい光景がありました。

まるで紅葉を思わせる色。

海のブルーにひときわ映えています。



テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

海の中の雪景色

Nishiizu-ita-uminonakanoyukigesiki

まるで雪景色のようです。

綺麗です。

これはウミトサカの仲間でソフトコーラル。

珊瑚の一種なんですね。


このウミトサカも元気がなくなり、数も少なくなった時期もありました。

ダイビングスキルが高くないダイバーが増えて
蹴られたり、砂をかけられたり、ぶつかったり・・。

ダイバーのみなさんも最初は誰でも初心者ですけど、ちょっと見るに耐えないなあ~
なんていう光景もありました。

ダイバーのみなさん中性浮力をしっかりキープして、ウミトサカに着地したり、フィンで蹴ったりしないようにスキルアップを心がけましょうね。



しかし、今はかなり巨大に成長して元気な姿を見せてくれています。





テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

流星魚

Nishiizu-ita-takabe1

西伊豆/井田といえばタカベの群れというぐらい象徴的な魚。

水面から中層20mあたりで遭遇します。

とにかく、あの黄色いラインが海のブルーに映えて、とても奇麗です。

目の前を行ったり来たり・・まるで流星のように流れて行く。

透明度が良いときはとくに海に差し込む太陽の光にキラキラ輝いて

どこまでも、その姿を追いかけてしまう。




(今月のタイトル写真にしてみました)



テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

スズメたちの乱舞♪2

Nishiizu-ita-suzumedai2

ちょっと、アングルを変えて・・・撮ってみました。



テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

スズメたちの乱舞

Nishiizu-ita-suzumedai1

今年の西伊豆・井田の海はベストコンデション。
井田ブルーがとても素敵です。

中層にはスズメダイの半端じゃない数の群れが行ったり来たり。

相変わらずネンブツダイの群れは定番で健在。

そしてタカベの群れが流れて行きます。

キンギョハナダイも今年はたくさん群れている。


しばらく西伊豆通いが続く気配・・・









テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。